PLEASURE MARKET

スライド3

広瀬川と地下鉄東西線が交わる、せんだいセントラルパーク(SCP)
プレジャーマーケットは、SCPならではの楽しみが集まるマーケットです。
杜の都・仙台の暮らしを、もっと身近に—–

「WORK」自分のとくいなコト・モノを「SHOP」見せる披露する。
いろいろな人がつくる場としてのワークショップを展開しています。
ハンドクラフト・一品モノ・生きものやフード・ドリンクなどさまざまな出会いがあります。

国際センター駅2階<青葉の風テラス>で、月の終わりの日曜日をお過ごしください。





杜の都ガイド

棟方先生と行く!広瀬川
棟方有宗|宮城教育大学准教授。魚の回遊行動や漁場環境の保全に関する研究を行う。震災後はメダカ米プロジェクトに携わる。

【時 間】14:00~15:10
【会 場】国際センター駅2F 青葉の風テラス(解散:広瀬川)
【参加費】300円(予約不要)

親子•夫婦•友人などペアで参加の場合、一組500円!



“楽しむ”に特化したレクリエーションフィッシングや広瀬川にいる魚たちの話を聞き、実際に広瀬川へお散歩しながら魚が好みそうな場所を探しにいきます。

ジオラマお茶っこ
せんだいセントラルパーク縁長


【時 間】11:00~16:00
【参加費】無料(予約不要)


1000分1の大きな模型を準備しています。
おさんぽ前に道順を確認したり、どこから歩いてきたのか辿ってみたり、気になるスポット・話題の現場をお話しましょう。



パンとピクニック

天然酵母のパン・ベーグルと焼き菓子
spica to kocci

【時 間】11:00~16:00

焼きたてのパンと焼き菓子をバスケットに詰め込んで、ピクニックを楽しみましょう!

ピクニックワークショップ
wakuwaku文庫

【時 間】11:00~16:00
【参加費】無料(予約不要)

図画工作!ミニミニピクニックシートを作りましょう♪



馬×歴史

片倉小十郎邸があった川内追廻付近。このエリアは伊達藩の軍馬の飼育調教をしていた場所とも伝えられております。 すぐそばには広瀬川へと向かう石垣のスロープが昔のまま遺っており、御舟入と言わわている説と馬が川の水を飲むためものという説があります。 春の広瀬川で馬とふれあい、馬となかよくなり、乗に乗って河川敷の散歩を楽しみましょう。歴史にも触れてみたいと思います。

乗馬体験の年間スケジュールはこちら
%e5%ba%83%e7%80%ac%e5%b7%9d%e4%b8%89%e4%b8%8a_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b32子ども乗馬教室
【時 間】9:45~12:00
【参加費】3,500円(安全具貸与、保険代含む)
【定 員】8名
【持ち物】タオル、飲み物、虫よけ
【服 装】帽子、汚れてもいい服装、軍手

16-09-25_387_5D3L5111 のコピー馬に乗って手綱操作してみよう!

メール予約はこちら
電話:022-778-3645
[受付:パカラッチョ]


%e5%ba%83%e7%80%ac%e5%b7%9d%e4%b8%89%e4%b8%8a_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b32引き馬乗馬体験
【時 間】13:30~15:30(1名10分程度)
【参加費】1,000円(安全具貸与、保険代含む)
【参 加】どの時間に来ても体験可(予約不要)
【服 装】汚れていい服装


広瀬川をのんびり馬にまたがってお散歩しましょう♪
馬のリズムが腰に心地よい振動を与えてくれます。デスクワークの多い方にもオススメです!
170414PM-009_チラシ+.ai 今月はテラスが会場となります。
ハンモックやエアソファを準備していますので心地よい風に吹かれてゆっくり過ごしませんか。

ここをクリックしてチラシをダウンロード
会場 国際センター駅
仙台市青葉区青葉山2-1外
仙台駅より仙台市営地下鉄・東西線[八木山動物公園方面]に乗車・3駅5分

マーケット会場へは改札を出て右手にお進みください。
仙台駅より青葉通を歩いて徒歩30分(約1.8キロメートル)
仙台駅付近より青葉通を走って15分
※国際センター駅前の駐輪場をご利用ください

最寄りDATE BIKEポート[博物館 国際センター前]
仙台駅西口タクシー乗り場から10分
広瀬通より仲の瀬橋を通り10分
[せんだい青葉山交流広場]30分ごとに100円
都市デザインワークス
仙台市青葉区二日町6-6-903
Tel : 022-264-2405 Fax : 022-796-0080
Mail : info[@]udworks.net

vol.009の様子はコチラ



2016年のプレジャーマーケット
○PMレポート_2016-01
○PMレポート_2016-02
○PMレポート_2016-03
○PMレポート_2016-04
○PMレポート_2016-05
○PMレポート_2016-07
○PMレポート_2016-08

vol.005の様子はコチラ
vol.004の様子はコチラ
vol.003の様子はコチラ
vol.002の様子はコチラ
vol.001の様子はコチラ